旭川市における太陽光発電の導入

太陽光発電は、その名の通り太陽光を集めて発電する方法ですので、当然のことながら晴れの日が多いところや、日照時間が長いところの方が有利です。
そうなると東北以北は冬場、雪が多く、曇り空のことが多いと考えられることから、一般的な統計を見ても、東北から南に比べ、北国での太陽光発電の導入割合は低くなっています。null
それでも、東北以北は冬場は確かに太陽光発電には弱いかもしれませんが、冬でも毎日雪が降って太陽が顔を出さないということはありません。
また、冬の時期が過ぎれば、春、夏、秋と太陽光による発電が見込めますから、導入を検討する余地は十分にあると思われます。
たとえば、冬、たくさんの雪が降ることで知られる北海道は旭川市で、実際に太陽光発電システムの導入をしようとした住宅に対し、助成金を出している実績があります。
ただ、限定された額の中での助成となっていたらしく、応募限度額に達したため、現在は助成がありません。
国による太陽光発電導入の助成金というものがあるようですが、それに加えて地方自治体からの助成金も出た方が、導入する側としては助かります。
けれど、地方自治体の助成制度にはばらつきがあるので、積極的に導入を進めているところもあれば、そうでないところもあるというのが現状です。
旭川市においては、やはり雪国であるということが災いしてか、限定的な助成となっており、今後は継続的かつ安定した助成制度の確立が求められると思います。
そうすることによって、仮に冬場の発電量の低下はやむを得なくても、広い北海道の家に設置することのメリットは、かなりあるのではないかと思います。
広い家であればソーラーパネルの数も増やせますし、広い北海道に建つ家なら日当たりも十分かもしれません。
そうなれば雪が降るというデメリットを差し引いても、冬以外の季節、そして太陽光の集めやすさという点で、メリットが上回るかもしれないのではと思います。