札幌市にお住まいの方で太陽光発電の設置を検討している方への情報

札幌市にお住まいの方は太陽光発電に興味はあってもなんとなく北国で雪も多いので、
設置してもあまりメリットはないのではないかとお考えではないでしょうか。
確かに北海道の太陽光発電普及率は全国で最低レベルとなっています。
nullですがこれは皆さんの先入観がそうさせているのではないでしょうか。
太陽光発電のシステムの心臓部分とも言える太陽パネルは気温が高いことよりも低い方が効率が良いのです。
札幌市の冬場は雪が多くこの間の発電能力は下がるのですが、
札幌市は梅雨がないため逆に夏場の日照時間は他地域に比べて長いのです。
ですので決して太陽光発電に不向きな地域ではないのです。
なおかつ最近では寒冷地仕様の太陽光パネルも流通していて屋根に雪が降り積もる前に解かしてしまうパネルがあるのです。
そうすると余程大量の雪が短時間で降らない限り屋根の雪下ろしをするなどの手間が不要です。
太陽光発電のシステムはいったん設置するとほとんどメンテナンス不要で20年程度は使用し続けることが出来ます。
万一の天災時の停電に備えて太陽光発電を設置しておけば停電の際にも電気を確保して通常通りの生活を送ることも可能です。
札幌市にお住まいの方が太陽光発電を設置する際には現在国と札幌市から
一般的なシステムを購入する場合に合わせて20万円以上もの補助金が交付されるのです。
この補助金はあなたが太陽光発電のシステムを購入する際に合計金額から値引きされると考えれば良いでしょう。
ですので札幌市にお住まいの方で太陽光発電に興味のある方は設置メリットは十分大であるということを考慮に入れて前向きに導入を検討されることをおすすめします。