札幌市に住んでいて設置する

自宅に太陽光発電システムを設置して、余剰分の電力を電力会社に販売する事を売電といいます。
現在日本国内の一般家庭に設置されている太陽光発電システムは、自宅がある地域を送電エリアとする電力会社と系統連系という方法で接続します。
札幌市に住んでいて今後太陽光発電を設置するのであれば、北海道電力の電力線と自宅の太陽光発電システムを系統連系という方法で接続するということになるでしょう。null
屋根に設置したソーラーパネルにより発電した電気はまず自宅で消費します。
余剰分の電気は電力会社に売電します。
太陽光発電システムを自宅に設置するメリットが非常に大きいのは、売電価格の単価にあるといえるでしょう。
2009年10月以前は1kWにつき約24円が売電価格でした。
政府の政策により太陽光発電システムの一般家庭への普及を図るため、2009年11月より売電価格が1kWにつき48円と従来の倍にあり、2011年3月31日までに太陽光発電システムを購入、設置した人については発電システム設置後10年間1kWにつき48円の売電価格が適用されています。
ですから早い時期に太陽光発電システムを設置すると売電価格については有利になるように政策決定されており、2011年4月1日以降に太陽光発電システムを購入設置した人は売電価格が1kWにつき42円になっています。
今後さらに売電価格の引き下げが予定されていますから、太陽光発電システムの購入は急いだ方が得策でしょう。