電気代の安さが魅力的です

太陽光発電にする時、私は出来るだけ月々の電気代を安くしたいと思っていました。
私の家は、小さな子どもがいます。
夏の暑さ、冬の寒さはかなり厳しく、なるべく快適な温度にしようと心がけていました。
そして我が家では結構エアコンを使っていたために、毎月の電気代はほかの知り合いの家の場合に比べると、高い方になっていたのです。
その為私は太陽光発電を導入する事にしました。
少しでも電気代を安くしたいと思ったからです。
現在、それを導入して2年程経ちます。
小さかった子どもも、上の子は小学生、下の子は幼稚園児になりました。
家の中で日中過ごすのは私だけ。
一人しか家にいない状態なのに冷暖房を使い過ぎるのはもったいないと思った私は、以前よりも冷暖房を使わない様にしました。
また、子どもたちも、どうやら学校と幼稚園で疲れてしまう様で、前ほど夜更ししない生活になったのです。
すると子どもたちがいた頃に比べて、日中の電気をかなり売電できるようになりました。
多分、前に比べて現在はかなり節電している状態なのだと思います。
最初は電気代だけ安くする事が出来ればいいというスタンスで太陽光発電を導入した私です。
正直、売電でこれだけ得をするなんて思っていませんでした。
実際に導入してみると、夜間に電気を使っても、売電のおかげで月々の電気代が結果的に0円になる事もあります。
電気代がかなり安くなったので、私は太陽光発電を導入してよかったです。