太陽光発電システムとオール電化住宅を組み合わせが思わぬ副産物を生んでくれました。

去年、実家が太陽光発電システムの導入と同時に住宅のリフォームもして、オール電化住宅にするという事になり、インターネットや工務店の方、太陽光発電システムの営業の方から様々な情報をお聞きしましたが、販売店によってずいぶん情報の内容に違いがあり、本気できちんと自分で調べた方が良いという事を実感しました。
インターネット上の情報は初心者でも分かるような記述が多く、とても参考になります。
本屋さんで本も購入しましたが、本の情報は専門用語が多くて分かりにくいと感じるところが多かったです。
実家は太陽光発電システムとオール電化住宅を組み合わせる事にしたので、電力会社がオール電化住宅向けに用意している割引料金プランに加入することにしました。
割引料金プランは電気を使用する時間帯により電気料金がかなり変わります。
日中の電気料金と夜間の電気料金の差額は5倍くらいに開きますから、太陽光発電システムなしにはとても選ぶ事のできない料金プランです。
オール電化住宅はキッチンの調理機材がIHクッキングヒーターになります。
冬の時期は日の出が遅く、太陽光発電システムが稼動し始める時間が遅いので、朝寝坊して料理を始めるととても割高な電気で朝食を用意する事になってしまうのです。
電気料金が夜間割引料金の適用される時間のうちに朝食の準備を始めるようになり、寝坊する事がなくなって生活リズムが正しくなったと喜んでいます。
家族が揃って朝食を取るようにもなって、太陽光発電システムとオール電化住宅を組み合わせが思わぬ副産物をもたらしてくれました。