札幌市において、満足出来た理由

よその県、特に太平洋側に住んでいる人に対して、太陽光発電を札幌市で設置した話をすると、ほとんどの方が、満足できていないのではと、心配してくれます。
その理由は簡単で、北国は日照時間が短いと、皆さん思っていますし、どうしても雪が多いので、冬は発電効率が極端に落ちてしまい、自分たちが暮らしている場所に比べて、満足できる発電量を得られていないのではないかと、イメージしているのでしょう。
確かに、曇りになるとソーラーパネルの発電量は、3割から5割くらい、雨天時は1割程度と言われていますが、私は二つのポイントを押さえていたので、大丈夫でした。null
まず一つ目は、日射量が年間を通じて多く得られる角度と方位にソーラーパネルを設置した事です。
私は札幌市でも、非常に建物が少ないエリアに暮らしており、工夫すれば上手に光を取り込む事が出来ました。
さらに、ソーラーパネルには、様々な種類があり、自分の建物にあったものを利用した事や、屋根が広いので効率よく利用できた事などが挙げられます。
そして、もうひとつが、もちろん、このような知識やシミュレーションを私のような素人が一人で割り出せるわけがありません。
ですから、質の良い業者を、吟味して選んだ事が、功を奏しましたね。
甘い話や価格ばかりではなく、しっかりと現地調査をしてくれる業者を選びました。
そして、北海道でもちゃんと補助金が出ますからそれも助かりましたね。
これらのおかげで、十分に札幌市において、太陽光発電で満足出来ていると言うわけです。